ビレッジハウスの口コミ!敷金、礼金、更新料、手数料すべて0円

ビレッジハウスのいいところ。それは賃貸で「敷金、礼金、更新料、手数料すべて0円」という安さ。その分、外国人労働者や低所得者が集まるので隣人や家屋の環境がいいとは限らないようです。ビレッジハウスは家賃が安ければ他は気にしない人向けと言えるでしょう。

ビレッジハウスは家賃が安い!収入が途絶えて困っている人に

 

 

敷金・礼金・手数料・更新料が全て無料!

 

ビレッジハウスは格安賃貸!敷金、礼金、更新料、手数料すべて0円

<自己紹介>

 

 

こんにちは。

家賃は安いほうがいいと思うHAです。

このページではビレッジハウスについて紹介します。

ちなみに管理人は50代男性。

とりあえず持ち家はあるんですが、父親が建てた家なのでもう相当古い。

家が傷んで住めなくなったら次はもう賃貸になると思っています。

そのときに、家賃がどの程度なのか。

これは大問題。

収入が減っている中で高額な家賃のところには住めないし。

悩ましいところです。

 

ビレッジハウスは何が一番の特徴なの?

ではビレッジハウスってなんでしょうか?

 

敷金・礼金・手数料・更新料が全て無料!

 

 

ウィキペディアによると、

ビレッジハウス(英: Village House)は、ソフトバンクグループ傘下の米投資会社フォートレス・インベストメント・グループによる賃貸住宅サービス。 2016年12月21日にビレッジハウス・マネジメント株式会社を設立し、翌2017年に制度廃止された雇用促進住宅を買収して、低価格賃貸住宅「ビレッジハウス」として入居者の募集を開始した。

ということだそうです。

ソフトバンクグループなんですね。

こんな感じでHPには入居者の紹介もありました。

 

「敷金、礼金、更新料、手数料無料というのがとても魅力でした、友人にも勧めまして、是非一緒に入居しないかということで勧めました」
(千葉にあるビレッジハウスの物件に住んでいるお客様)

 

 

いい雰囲気ですね~

セールスポイントは、

・全国47都道府県に1,000物件以上、100,000室以上を展開!
・家賃は20,000円台から、敷金・礼金・手数料・更新料・鍵交換が全て無料!

というところでしょうか。

 

公式サイトはこちら

敷金・礼金・手数料・更新料が全て無料!

 

ビレッジハウスは何が一番の特徴なの?

ビレッジハウスの特徴はこんな感じ。

==ここから==

  • 職業・年齢・国籍不問(高齢者や外国人、安定した職業を持たず入居審査に通りにくい人でも入居しやすい)。
  • 礼金・敷金、更新料、共益費は不要(ゼロゼロ物件)。
  • 仲介会社を経由しない場合は仲介手数料不要。
  • 初期費用は当月分の日割り家賃、翌月分の家賃、火災保険料のみで良い。
  • 銀行届出印、身分証明書、収入証明を内覧時に持参すればその場で申込み可能(ただし審査状況により他の書類提出が必要になる場合がある)。
  • 雇用促進住宅よりも幅広い応募窓口がある(従来はハローワーク経由で申し込む必要があった)。
  • 都市再生機構や公営住宅のように抽選がない。

==ここまで==

元々雇用促進住宅ですから、耐震性能や移住面積など、国土交通省が定める基準を満たしているというのもありますね。

 

ビレッジハウスのメリットと注意点

では、ビレッジハウスのメリットを。

メリットは上にも記載しましたが、とにかく安いです。

ただし、注意点もあります。

【注意点】

  • 2年以内の解約の場合には違約金が発生する(短期賃貸には向かない)。
  • 収納代行はアプラスである(過去に与信事故を起こしている場合そちらの審査が通りにくくなる)。
  • 家賃保証会社を利用することができない。保証人不要を謳ってはいるが保証人を求められることがあるので要注意。
  • 敷金がないため、退去時の室内クリーニング費は実費での支払いが必要となる。2019年現在、1平方メートル当たり1,100円(消費税別)。将来的に変更される可能性もある。
  • リノベーション内容によっては家賃が上がる(例:エアコンを設置すると1000円家賃が上がる)。
  • 入居申し込み時に銀行口座の残高の提出を求められます。

というようなところだそうです。

それから管理人が考えること。

それは、家賃が安いがゆえに低所得者や外国人労働者が集まりやすいということ。

管理人は経験がありませんが、アジアからの出稼ぎとか、留学生としてやってきてバイトをしている人たちはとにかくウルサイそうです。

夜中に騒ぐとか、ニオイのキツイ食べ物のパーティーをするとか、ゴミ出しが無茶苦茶だとか。

文化の違いと言われたらそれまでですが、そういうことが我慢できるかどうか。

これは住人の当たり外れがあるのでなんとも言えませんが、運が悪いと眠れない日々とか隣人とのトラブルとかそういうことに巻き込まれる可能性がありますから要注意ですね。

もっとも、近隣住人とのトラブルはどこでも可能性はありますので、ビレッジハウスだからというわけでもありませんが、その確率は高いと考えたほうがいいと思います。

それからもう一つ。

ビレッジハウスの扱う建物は元々雇用促進住宅。

建築基準法に合格している建物ではありますが、築年数は相当古いと思われます。

なので、害虫とかカビとかそう言うのは気になりますね。

建物の使われ方にもよりますが、そう言う部分でも清潔さは期待できないのかも知れません。

一戸建てなら自分でなんとかできたとしても、基本的に集合住宅なわけですから、自室だけキレイにしてもどうにもならないこともあります。

安いからそういう部屋が多いというのは偏見かも知れませんがそういう確率は高いと思われます。

こういうのは当たり外れが大きいので自分の目で確かめてから決めたほうがいいでしょうね。

騒音も少々の害虫も気にしないという人なら、とにかく安いわけですからおすすめなんじゃないかと思います。

 

 

敷金・礼金・手数料・更新料が全て無料!

 

ビレッジハウスの口コミ

公式サイトに実際に住んでいる人の動画がありました。

 

 

ここで登場している方は元々地元の人なんだとか。

その地域のことがよく分かっている人なら、ビレッジハウスを利用するのはいいのかなと思います。

それから、疑問点なんかも動画になってますね。

 

 

こういう動画を見ればイメージが湧きやすくていいのかも知れません。

いずれにしても。

住宅は当たり外れがありますから、物件は自分で確認して、その上で安いメリットを最大限活かしてほしいと思います。

収入が減って困ったというなら、一度ビレッジハウスのサイトをのぞいてみてください!

 

敷金・礼金・手数料・更新料が全て無料!