スポンサーリンク

汎用CADのフリーソフト!「2D 汎用CAD AR_CAD」

パソコン

管理人のべぎやすです。

今回は、汎用CADのフリーソフト!「2D 汎用CAD AR_CAD」、のご紹介です。

管理人、CADを使ったことがありません。

図面を描くような仕事はしてなかったので。

でも憧れてましたね、CAD。

管理人が学生の頃、設計図を描くといえばT定規とかドラフターでした。

ドラフターってたしかこんなやつですよね。

ステッドラー 製図用品 マルス テクニコ 製図版 A3 661 A3

これで手書きで製図するわけです。

高性能で使いやすくなっているらしいんですけど手書き。

管理人のように不器用な人にはさっぱりでした。

そもそも真っ直ぐな線を同じ太さで描くことさえままならない。

製図なんて誰でも出来ると言われましたけどそんなことないよなって思ってましたね~

しかし。

時代はCADになりました。

今でも学生は勉強のためにドラフターを使うのかも知れませんがある程度のことを覚えたらCADで製図するんだと思います。

簿記の勉強で試験は電卓で計算するにしても、現実にはパソコンにデータを入力すればあとはソフトがやってくれるみたいなものでしょうか。

CADの設計図なら使いまわし出来るしどんなに大量に製図しても保管場所に困ることもない。

鉛筆で書いて消しゴムで消すということもないし、紙が汚れることもないし、なによりその部分での上手い下手は出てこない。

字が下手でもワープロを打てばきれいな文字が印刷できるようになったのと同じでしょう。

ただし。

今度はCADソフトの使い方を覚えないといけない。

これがまたネックですよね~

なので、初心者にも親切なソフト、というのが出てくる。

ということで。

この記事では、汎用CADのフリーソフト!「2D 汎用CAD AR_CAD」、を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

「2D 汎用CAD AR_CAD」で初心者でも製図が簡単に!

この、「2D 汎用CAD AR_CAD」を使えば、初心者でも製図が簡単に出来るようです。

具体的に何が出来るのかは以下の通り。

==ここから==

直感的なインターフェイスで初心者の方でも覚える操作が少なく、通常のCADのモードに加えて、お絵かきソフト風に選択モードを搭載しており、マウスドラッグによるコピー・移動・変形が容易に行えます。更に、マウスの右クリックのポップアップメニュー選択によりクリップボード経由のコピー・切り取り・削除も同様に行えます。
ショートカットキーを利用した操作も行えますので、慣れるほど作業効率が向上します。データの入出力画面ではデータのサムネイルによるプレビューが可能で、データをパーツ登録しなおさなくても選択時のプレビュー画面で読込み基点を直接指定できるため、既存のデータ資産を効率的に利用できます。
DXF, SXF, JWW, JWC, JWKなど多彩なファイル形式に入出力ともに対応しておりますので、他社製CADとのデータのやりとりもスムーズに出来ます。その他イメージデータ(BMP, JPEG, WMF, EMF, PNG, ICO)の取り扱いも可能で、さらにPDF形式の出力にも対応しております。また、イメージデータの取り込みにはスキャナ等、TWAINデバイスから直接イメージデータを取り込むことが可能です。
ソフト内からリンクしている専用BBSでは、ご質問やご要望の書き込みやユーザー同士のコミュニケーションにご利用頂けます。

☆ 主な機能
■ 図面内にイメージデータの貼り付け・伸縮機能搭載
■ マルチウィンドウで複数の図面を同時編集を実現
■ 工事名・符号項目等を指定位置に記入できる図面枠機能の搭載
■ 指定複数データ連続印刷機能搭載
■ クリップボード経由でのベクトルデータのやりとりが可能
■ ファイルオープン時のドラッグ&ドロップに対応。
■ パラメトリック変形,クイック包絡変形,多角形包絡変形処理搭載
■ 指定要素の属性をプロパティーウインドウでカンタンに変更可能
■ 用紙実寸大スケールにもデータスケールにも設定できるグリッドさらに使い勝手を重視した新機能を随時搭載予定!

==ここまで==

ということだそうです。

初心者でも使いやすいというコンセプトみたいですね。

マウスで直感的に使えるならあまりCADに馴染みがなくても使えるような気がします。

使う人のレベルによってはこれで十分なのかも知れませんね。

スポンサーリンク

管理人のまとめ

今回は、汎用CADのフリーソフト!「2D 汎用CAD AR_CAD」、の紹介でした。

管理人はCADとか設計図とか言われても正直わからないんですが、きれいな製図が出来る人を見るとすごいなと思います。

学生の頃自分には全く出来なかったことですから。

ただし。

今はCADがあるので昔のように大きな製図用紙を持ってきて鉛筆で手描きをすることはないんでしょうが、製図のルールを知らなくていいというわけでもないでしょう。

なので、いきなりCADだけで製図というのはどうなのかなとか思ってしまうんですよね~

実際には問題ないのかも知れませんが。

いずれにしても。

人間の出来が悪ければソフトが近づいてくれるというのが常のこと。

より誰でも使える使いやすいものに進化していくのでしょう。

そしてそんなソフトが無料で提供されるというのがすごいこと。

そういう時代だということなんでしょう。

この記事が汎用CADのフリーソフト「2D 汎用CAD AR_CAD」の参考になればと思います。

「2D 汎用CAD AR_CAD」うまく使って下さいね!

●興味がある方はこちらのページから内容を確認して下さい。

>>ダウンロードできるページはこちら

(参考)
こんな記事も読まれています。

パート給与の計算がエクセルで簡単「パート給与計算シート」
https://bizfrsoft.com/partkyuyokeisan/

アクセスで見積書を作成!Access DE 見積書 EX
https://bizfrsoft.com/accessmitumorisyo/

賃貸の収支をシミュレーション!「賃貸事業収支計画」体験版
https://bizfrsoft.com/tintaisyuusisimulation/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする