スポンサーリンク

アンバンドリング 経営資源を特定分野に集中することで競争力を上げる

販売管理

janjf93 / Pixabay

管理人のべぎやすです。

今回は、アンバンドリング、というお話です。

残念ながら管理人、アンバンドリングってよく分からない。

サービスを分解するということになるんですか。

内製化とは逆方向になるんですね~

その仕組はどうなっているのか?

ということで。

実際のところはどうなのか、アンバンドリング、について見てみましょう。

スポンサーリンク

アンバンドリング(Unbundling) バリューチェーンを分解して特定業務に特化

購買→製造→出荷→サービスと商品が顧客に届くまでに、価値が付加かされていくバリューチェーンのうち、特定の業務に特化するのがアンバンドリングだ。

アンバンドリングの狙いは、自社の強みのある分野に集中して、競争力を上げること。

切り捨てた事業に関わる経営資源を節約し、事業の収益率を上げることもできる。

アンバンドリングの好例はセブン銀行だ。

商品開発(預金商品)→システムでのデータ管理→マーケティング(チラシ・コマーシャルなど)→販売・決済(営業店・ATM)という本来の銀行のバリューチェーンのうち、ATMだけに特化して成功している。

また、電力会社でもアンバンドリングの動きがある。

発電→送電・送電→小売という一般的なバリューチェーンのうち、太陽光発電や風力発電など発電部分だけを行う事業者も出始めた。

2016年には小売部分に特化した事業が始まる予定だ。

その他、「ほけんの窓口」という保険の販売部分だけに特化した保険販売専門会社や、オリックス・サービサーのように債権回収を専門とする企業もこのモデルだ。

スポンサーリンク

飾りをとって安くする「ノンフリル」モデル

アンバンドリングと似た考え方に「ノンフリル」がある。

アンバンドリングがバリューチェーンの分解なのに対し、ノンフリルはサービスを分解する(ただし、広義のアンバンドリングに含める場合もある)。

フリルとは装飾のこと。

つまりノンフリルは、飾りがないという意味だ。

例えばLCC(Low Cost Carrier:格安航空会社)は、ANAやJALなど従来の航空サービスから、「広い座席」「機内サービス」「預け荷物」と言った「飾り」を取りはらった。

その代わりに安い航空運賃を提供している。

QBハウスなどの1000円カットは、理容店のサービスから「シャンプー」「髭剃り」「ドライヤー」「リラックスする気雰囲気」などを省いて、低価格を実現。

シャワールームなどを取り除いたフィットネスジムのカーブス、格安で泊まれるスーパーホテル、家具の組み立ては自分で行うイケアなどもノンフリルの例だ。

ノンフリルの弱点は競合相手の登場。

もともと「分解したサービス」という目新しさと低価格が特徴なので、参入障壁が比較的低い。競争激化で価格を引き下げると、十分な利益を確保出来なくなる。

●事業やサービスを特化し低価格で差別化

○バリューチェーンを分解」(アンバンドリング)
○サービスを分解(ノンフリル)

(パッケージとして販売)
例:
・航空サービス:輸送+居心地+手荷物運搬+座席変更などの対応+機内サービス
・ガソリンスタンド:給油+窓拭き+各種サービス
・ホテル・旅館:宿泊施設+居心地+アメニティ+サービス+料理

(オプション化)
例:
・格安航空会社(LCC):輸送に特化。座席は狭く、対応範囲も狭い
・セルフガソリンスタンド:給油施設に特化。自分で給油して会計する
・カプセルホテル:宿泊施設に特化。広さやもてなしは通常期待しない

要するに

●バリューチェーンを解体して特定の事業に特化し、さらに強みをみがいて競争力を高めること

●「バリューチェーン」を分解するアンバンドリングに対して、サービスを分解する「ノンフリル」というモデルもある

スポンサーリンク

管理人のまとめ

今回は、アンバンドリング、というお話でした。

この記事はちょっと古い感じで、今となってはこのアンバンドリング、当たり前になってますね。

ただ、このモデルでうまくいくところもあればうまく行かないところもある。

せっかくアンバンドリングでいいとこ取りをしても違う形態のサービスと競争することになるとこれがまた難しい。

真似してくるところも出てくるし。

このやり方、外注の積極活用に似ていると思いますが、その場合、利益の出ない部分を外注化することになるんですが、現在コアになる部分で利益が出なくなった時、次に何をするのでしょうか?

どんどの外注に出したり分社化したりして切り捨てていくと最後にはなんにもできなくなるような気がするんですが。

これって平和で環境が整っていないとできないやり方。

目先の利益にはいいですが、脆いところもあるような気がします。

系列、が悪いようなイメージがありますが、今の環境だとむしろ系列がしっかりしていないとこれから困る気がするんですが。

この記事がアンバンドリングの参考になればと思います。

アンバンドリング、うまくやって下さいね!

(参考)
こんな記事も読まれています。

現金出納帳をエクセルで!「シンプルExcel現金出納帳」
https://bizfrsoft.com/genkinsuitoutyoexcel/

売掛金管理をアクセスで!無料ソフト「かんたん売掛金管理」
https://bizfrsoft.com/urikakekinkanriaccess/

株式自動売買!「日経先物ロボット by Excel VBA」
https://bizfrsoft.com/kabusikijidoubaibai/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする