スポンサーリンク

法人の顧客管理を簡単に!無料ソフト「法人顧客管理フリー」

パソコン

管理人のべぎやすです。

今回は、法人の顧客管理を簡単にする無料ソフト「法人顧客管理フリー」のご紹介です。

管理人は、元々技術者なので営業や販売の経験はないのですが、実験に使う薬品を購入する程度のことはやったことがあります。

ただし、そういう取引ですから個人相手の商売というのはなく、取引先は基本的に法人でした。

個人が相手の場合と法人が相手の場合では取引なんかはずいぶん違うんだろうなと思います。

個人が相手だと数が膨大だと思いますが、法人なら数は限られるので管理なんかはやりやすいのでしょうね。

個人よりも調査はしやすいし、与信管理もちゃんと出来るし。

それでも、会社が成長して取引先が多くなれば、システムを入れて管理しないとパンクすると思います。

管理人の数少ない経験でいくと、法人の管理は特に与信のリスク管理ですかね。

怖いのは先方の粉飾決算で、これが見抜けずに売掛金が回収できず焦げ付いたとか、そういう話を聞いたことがあります。

その担当者は左遷されてましたね。

開発系の話では、開発商品を売り込もうとしたら相手の会社が倒産した、というのがありました。

まあこれは、商売が始まる前なのでそこまで被害はなかったんですが、危険な兆候があるなら注意しておかないといけないと思った出来事でした。

グループの後ろ盾があったからそんな簡単に潰れたりしないだろうと思ってたんですが、こればっかりは企業規模とは関係ないんですよね。

それはそうとして。

とにかく法人の顧客管理はしっかりやらないと大きな損失につながる恐れがあります。

担当者が分かっていても上司が把握できていなければ事故を防げないというのはよくあること。

その意味でもシステム的なものは導入すべきだと思いますね。

すでにお金をかけてシステムを構築しているならいいんですが、そうでなければまずは無料でやってみてはと思います。

導入するとかえって手間がかかることがあるんですが、これについては少々手間がかかってもリスクヘッジの意味で導入すべきかなと。

そういうフリーソフトがありますから。

ということで。

この記事では、法人の顧客管理を簡単にする無料ソフト「法人顧客管理フリー」を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

法人の顧客管理を簡単にする無料ソフト「法人顧客管理フリー」でリスクヘッジを!

この「法人顧客管理フリー」を使えば法人の顧客管理が簡単になるそうです。

具体的に何が出来るのかは以下の通り。

==ここから==

法人顧客管理フリー

□Accessで作成したソフトです。

□法人名、部課名、氏名、電話番号、住所を登録できます。

□法人名、住所等様々な条件で選択できます。

□3種類の印刷フォームがついています。さらに、Word、Excelを使って独自のフォームを追加できます。

□Word、Excelに出力できます。

□自分の好きな項目を作成して区分することができます。

□メニュー画面をデザインに変更できます。

※詳しくはコチラ⇒
http://www.japan55.com/products/houjin.html

【このソフトを動かすにはMicrosoft Accessが必要です。Microsoft Accessをお持ちでない方はこちらから】→http://www.microsoft.com/downloads/ja-jp/details.aspx?FamilyID=57a350cd-5250-4df6-bfd1-6ced700a6715

==ここまで==

ということだそうです。

とりあえず無料ですから気軽に導入してみればいいのではと思います。

スポンサーリンク

管理人のまとめ

今回は、法人の顧客管理を簡単にする無料ソフト「法人顧客管理フリー」の紹介でした。

管理人は管理ソフトは必要だとは思いますが、運用がまずいとかえって負担になるので導入は慎重にすべきだと考えています。

しかし、この顧客管理に関しては、なるべく早く導入すべきだと思います。

顧客管理システムの場合は、自社の業務フローにすぐに組み込めなかったとしても、データベースだけでも構築しておかないといけないかなと。

取引先各社の状況が誰にでも分かるようになっていないと、リスクヘッジが出来ませんからね。

見える化、といいますが、そういう事ができていないと最悪不正に繋がります。

あまり考えたくはありませんが、社員が取引先からキックバックをもらうために、価格操作するようなこともありますから。

癒着、ですよね。

こういうのは顧客管理システムがあってもなくても発生しますが、システムがあれば少しは抑止力になるはず。

記録が残れば矛盾が見つけやすいですから。

本来は各取引先の状況を把握して、もっと力を入れるかどうかとかそういう判断材料に使うべきものだと思いますが、与信とかのリスクヘッジにもなるわけで、やっぱり必要なものだと思います。

ただ、導入したので仕事の速度が落ちるとなっては困るので、試用期間を設けて運用できるかどうかを確認するようなことはやったほうが良いでしょう。

このソフトは無料ですし、そういうことがやりやすいと思います。

ぜひ、法人の顧客管理を簡単にする無料ソフト「法人顧客管理フリー」を有効利用して下さいね!

●興味がある方はこちらのページから内容を確認して下さい。

>>ダウンロードできるページはこちら

(参考)

作成者のHPはこちら

http://www.japan55.com/products.html

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする