看護申し送り短縮!「看護申し送り支援システム(お試し版)」

記事内に広告が含まれています。
介護

eliola / Pixabay

 

管理人のべぎやすです。

今回は、看護申し送りを短縮するソフト「看護申し送り支援システム(お試し版)」のご紹介です。

管理人は入院とかしたことはないんですが。

親戚はよく入院しています。

そこでの看護師さんは忙しそうですね。

とりあえず健康で不自由なく日常生活が送れている自分からすると本当に大変な職場だと思います。

病人も様々でしょうから、言うことをよく聞く素直な人ならいいですが、病気になってヒガミっぽくなる人は多数いるわけですし、性格の悪い人もいるわけですから、そういう対応は本当に大変だと思います。

患者だけならまだしも、その関係者がさらにややこしい人だったり、患者が欲しがるからといって、食べてはいけないものを差し入れてしまったり、ちょっとしたことで容態が急変するわけですから、そういう人への対応までしないといけないわけで、気をつかうでしょうね。

管理人もたまにお見舞いに行きますが、病人なんて自分では何も出来ない状態の人がほとんどなわけで、見てるだけでもつらいですね。

そういう看護師さんですが、忙しかろうがなんだろうが、病人は24時間365日病気なわけで、重病人に対しては常に気を張った状態になるんだろうと思います。

3交代で看護してるんでしょうけど、なかなか気が休まらないだろうなと。

そんな忙しい状態の中でも、交代のときの引き継ぎは必要なわけで、これをいい加減にしていると医療ミスが起こったりするんですよね。

長時間に渡る点滴とかで、薬の名前や量を間違えたりしたら大事ですから。

かといって、時間をかけて綿密に引き継げばいいかと言うと、それでは本来のベッドサイドでの仕事ができない。

それに引き継ぎ時間は勤務が終わっている担当者が時間を拘束されるわけで、それはそれで労働時間的に問題がある。

ならばその申し送りとか引き継ぎの時間を短縮しようじゃないかというのが「看護申し送り支援システム(お試し版)」。

ということで。

この記事では、看護申し送りを短縮するソフト「看護申し送り支援システム(お試し版)」を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

看護申し送りを短縮するソフト「看護申し送り支援システム(お試し版)」で時間を有効利用!

この「看護申し送り支援システム(お試し版)」を使えば初心者でも自分で確定申告が出来ます。

具体的に何が出来るのかは以下の通り。

 

==ここから==

伝統的な看護スタッフの情報伝達システム「申し送り」。

スタッフの口から口へと伝えられ、日々の患者情報は伝達されていきます。

看護スタッフのもう一つの情報源である「カーデックス」。

日々の状況や注意点が記載されています。

この両システムは看護の歴史を物語るものですが、同時に「転記」というリスクから逃れられない手法でもあります。

実際に、「転記間違い」により、医療ミスも全国では多々起こっております。

さらに、申し送りやカーデックス記載に伴う時間は非常に多く、最近の記録量の多さに伴い、ベッドサイドで看護するという本来の時間が十分に取ることができなくなっているのが現状です。

このソフトウェアは、看護業務から、「申し送り」と「カーデックス」を取り払ってしまうものです。

紙の時代からデータの時代になり、データ共有できる現在では、「口頭伝達」「転記」というものから開放される時代なのではないでしょうか?

非常にシンプルな操作で、全員が同じ情報を瞬時に共有できるシステムとなっております。

紙の使用量は若干増えますが、生まれる時間は驚くべき時間となります。

生まれた時間を、患者様のために、有効にご活用ください。

==ここまで==

 

ということだそうです。

このソフトを使えば口頭伝達や転記がふようになるということですね。

管理人としては、口頭伝達はある程度必要だと思うんですが、転記不要というのは重要なことだろうと思います。

同じことを書き直すのは手間はかかるし間違えるし、いいことがあまりないですから。

スポンサーリンク

管理人のまとめ

今回は、看護申し送りを短縮するソフト「看護申し送り支援システム(お試し版)」の紹介でした。

管理人は、工場の生産現場で申し送りを経験したことはありますが、ある程度は必要なことなんですよね。

特に口頭伝達は。

やっぱり実際に顔を見て話すのは重要なので。

ただ、転記作業なんて言うのはやめられるならやめたほうがいい。

無駄というより、ミスを増やす行為になりますから。

こういうシステムを使って看護師さんの負担が軽減するならとてもいいことだと思います。

これはサンプルですからとりあえず使ってみて良ければライセンスを購入すればいいし、うまくいかなければ前に戻すという感じで気楽に使ってみるといいと思いますね。

新しいものを導入するときは必ず反発する人がいますから、そういう人の様子を見ながら本格的に使うかどうかを決めたほうが良いでしょう。

いくら仕事が効率化してもチームの雰囲気が悪くなったらなんにもなりませんから。

ぜひ、看護申し送りを短縮するソフト「看護申し送り支援システム(お試し版)」を有効利用して下さいね!

 

●興味がある方はこちらのページから内容を確認して下さい。

>>ダウンロードできるページはこちら

(参考)
作成者のHPはこちら

試して購入できる医療用・介護用ソフトウェア|メディカソフトウェア
機能を厳選した、試して購入できる、医療用ソフトウェア・介護用ソフトウェア
タイトルとURLをコピーしました