スポンサーリンク

見積りをエクセルで!「エクセル風見積りアプリ_えびす算」

管理人のべぎやすです。

今回は、見積りをエクセルで処理しやすいソフト「エクセル風見積りアプリ_えびす算」、のご紹介です。

管理人はフリーランスになってから見積りを作ることはありません。

もらうこともないですけどね。

以前、会社に勤務していたときはたまに見積り作ってました。

今考えればいい加減なやつです。

とりあえず、どこかの会社が作っているような見積書をエクセルにして、そこに数字を書き込むだけという。

上司がおかしな人で、エクセルの計算結果は信用できないとか言う人で、やりにくかったことを覚えています。

あんたの電卓計算のほうがミスが多いんとちゃうか、とは言いませんでしたけど。

表計算ソフトの意味が分かってない人だったし、確かにエクセルで見積書を作っても計算式が間違っていれば結果も間違うわけですから、レベルの低い人がやると数値の間違いだらけになる、というのはそうなんですけど。

それに。

管理人がいた会社は化学品を販売してたんですけど、見積もりを作成すると言っても薬品の転売と同じことで、仕入原価にマージンを乗せるだけ。

単に書類上の流通ルートに入るだけですから、場合によってはメーカーの言いなりで、決まっている値段を書くだけ。

正直、面倒な計算はありませんでしたから、エクセル使わなくてもワードでいいんじゃないかという感じでしたね~

実際、上司はワードに手打ちしてましたから。

レベルの高い低いというよりはそれで十分だったということです。

今の御時世ではもうすぐ無くなる商売でしょうけど。

それはそうとして。

そんな単純な作業ではなくて、もっと複雑な見積もりの場合だとやっぱりエクセルを使って、データを入力したら結果が出るようにしておかないと、ややこしくて仕方がないと思います。

特に工事関係のように大きなお金が動くときには、信頼できるソフトを使って、きっちり計算しないといけないでしょう。

ただ、そういうのってまともなソフトは結構お金がかかる。

できればフリーソフトで計算だけでも出来ないかって思いますよね。

そう言うソフトありますから。

ということで。

この記事では、見積りをエクセルで処理しやすいソフト「エクセル風見積りアプリ_えびす算」、を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

「エクセル風見積りアプリ_えびす算」で見積り作業を簡単に!

この、「エクセル風見積りアプリ_えびす算」、を使えば、見積り作業が簡単になるようです。

具体的に何が出来るのかは以下の通り。

==ここから==

説明書不要ですぐに使える見積りアプリ
エクセル間のコピペが得意

○アプリでできること
^^^^^^^^^^^^^^^^^^
・建設工事の多階層の見積り書を作れます
・実行ファイルだけで動作可能です(インストール不要)

○機能一覧
^^^^^^^^^^^^^^^^^^
見積書明細作成
予算書明細作成
見積り表紙作成
率掛け処理
エクセル貼り付け
子明細のファイル保存
ふせん機能
各種ショーカットキー
PDF出力(インストール版)
エクセル出力(インストール版)
表紙出力(インストール版)

○ファイル版とインストール版の違い
ファイル版はインストール不要で単体で動作します
ファイル版では必要な外部ファイルが足りないためPDF出力、エクセル出力ができません
その他の機能に違いはありません

○インストール・アンインストール
^^^^^^^^^^^^^^^^^^
・(ファイル版)インストール不要です。実行ファイルだけで動作します
・(インストール版)インストーラでインストールします
・実行ファイルを起動するとマイドキュメント内に「見積りアプリえびす算」フォルダが自動生成されます
このフォルダは手動で削除してください

==ここまで==

ということだそうです。

建築関係の多階層見積りができるんですね。

こういうソフト結構ありますから、色々試してみるのも良いんじゃないでしょうか。

自社にあってるかどうかと言うのもありますから。

※なお、フリーソフトはPDF、エクセルでの出力は出来ないようです。出力機能が必要なら、有料になります。

スポンサーリンク

管理人のまとめ

今回は、見積りをエクセルで処理しやすいソフト「エクセル風見積りアプリ_えびす算」、の紹介でした。

管理人は、ややこしい見積書とか作ったことはありませんが、こういうソフトを使ったほうが効率がいいですよね。

毎回やることが変わるときは、なかなかそうはいかないかも知れませんが、決まったことを決まったようにやる仕事の場合は重宝すると思います。

見積りをエクセルで処理しやすいソフト「エクセル風見積りアプリ_えびす算」、うまく使って下さいね!

●興味がある方はこちらのページから内容を確認して下さい。

>>ダウンロードできるページはこちら

(参考)作成者のHP

http://kokuo.com/EBIS.htm

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする