スポンサーリンク

レバレッジド・バイアウト 買収先の企業の資産や収益力を担保にして買収資金を調達

販売管理

janjf93 / Pixabay

管理人のべぎやすです。

今回は、レバレッジド・バイアウト、というお話です。

管理人このやり方よく分かってなかったんですが。

資金がなくても将来の収益性を見越して資金を融資してもらって買収するということなんですね。

なかなか恐ろしいやり方だと思います。

M&Aの場合、相手が望んでいるならやりやすいですけど、収益が見込めるから買収するということは相手だってそう簡単に売ってはくれないでしょうし。

特に、日本の場合は創業者が社長だと自分の作った開始者は自分が育てて大きくするものという感覚が強いですから、欧米のように簡単には手放しませんし。

業績の悪くなった企業を買収するという場合は今度は融資先が相手にしてくれないような気もしますし。

なかなか難しいのではないかと思うんですよね~

ということで。

実際のところはどうなのか、レバレッジド・バイアウト、について見てみましょう。

スポンサーリンク

レバレッジドバイアウト(Leveraged Buyout)

企業買収(M&A)の手法。買収先の企業が有する資産や収益力(将来のキャッシュフロー)を担保に融資を受け、その資金で企業を買収する。

企業買収というシェア拡大戦略

企業が市場シェアを高め、競争に勝つための一番シンプルな答えは、巨大化して資本を拡大すること。

そうすれば、同業他社も必要とする原料の調達先から、原料を根こそぎ買い入れることもできるし、部品調達を行う企業の取引を独占して川上事業の統合も可能になる。

あるいは、販売経路などの川下事業統合も、顧客の選択肢を減らし、ライバルの駆逐に効果的だ。

この時、対象事業を担う企業の合併・買収(M&A)ができれば、体制はさらに盤石になる。

周辺事業を統合して競争環境をクリアにしたり、ブランドを統合して市場におけるより多くのセグメント(特定の顧客層)を押さえることも可能となる。

つまり、ライバル企業や関連企業の株式を買い集めて買収することは、戦略として重要な選択肢の一つと言える。

当然、新しい事業に進出する際も、人材やノウハウ、認知度や信用(のれん)を一気に手にできる手段だ。

スポンサーリンク

買収先の企業の資産や収益力を担保にする

価値のある企業を買収するには巨額の資金が必要だ。

自社でまかなえればベストだが、それが難しい場合は、融資を受けて動くことになる。

レバレッジド・バイアウト(LBO)は、その買収資金の調達方法の一つだ。

融資では、債務者が債務返済できない場合にそなえて担保が必要。

LBOでは、買収先の企業の資産や将来手にするだろう収益(キャッシュフロー)をその担保にする。

つまり、買収を実行した企業は、必要に応じて買収先の企業が持つ資産を売却した代金や、買収した事業の売上を返済にあてる、ということになる。

LBOは回収リスクが高いため、通常、金利も高めとなる。

しかし、買収する側は資金力がなくても行動に移せるというメリットがある。

小さい企業もテコの原理(レバレッジ)で大きな買収を成功させられるというわけだ。

JTはRJRナビスコの海外煙草部門を9700億円で買収したが、うち6000億円をLBOで調達。

ソフトバンクはボーダフォンを一兆7000億円以上で買収したが、一兆2000億円をこの方法で調達し、同様にスプリントも手に入れた。

2005年に旧ライブドアがニッポン放送を買収しフジテレビを傘下におさめようとしていた時も、買収資金3000億円はLBOであつめたと言われる。

レバレッジド・バイアウトの流れ

①買収用の法人を作る(SPC)
②SPCが企業を買収
③買収した企業(子会社)の収益で返済
④事業の拡大

要するに

●資金力の低い企業が、事業拡大のために大きな買収を成立させたい時にとる方法。

●買収先企業の資産や将来の収益を担保に融資を受けるため、融資する側のリスクも高く、金利は通常よりも高くなる。

スポンサーリンク

管理人のまとめ

今回は、レバレッジド・バイアウト、というお話でした。

このやり方、ちょっと前の日本では合わないやり方だったと思います。

管理人が思い出すのは村上ファンドとかライブドアでしょうか。

ソフトバンクもそうですかね。

自社の価値ではなくて買収先の価値を考えて融資を受けて買収していく。

相手が提案に乗ってくれたらいいですが、そう簡単な話ではないと思います。

価値がある会社だから買うわけで、それなら自分で頑張りますよ、というのが普通の日本の感覚でしょうから。

海外だとベンチャーを立ち上げて儲かり始めたらさっさと売って大金を手に入れるという文化があるのでこの戦略もいいんでしょうけど、それは国によって違うと思いますね~

管理人的には肌に合わない戦略ですが、業容の拡大という意味では一気に拡大できるわけでうまくやれば短期間に大きな成果が出せるのだろうと思いますね。

この記事がレバレッジド・バイアウトの参考になればと思います。

レバレッジド・バイアウト、うまくやって下さいね!

(参考)
こんな記事も読まれています。

車両見積書の無料ソフト!「車販でござる」で書類を簡単作成
https://bizfrsoft.com/syaryomitumorisyo/

稲妻線をエクセルで!ガントチャートに表示できる「稲妻線」
https://bizfrsoft.com/inazumasenexcel/

監査用書類を自動作成!PTAなど各種会計に「オール会計」
https://bizfrsoft.com/allkaikei/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする