PTAの役員決めトラブル回避に使える?「マッチング選出」

記事内に広告が含まれています。

パソコン

 

管理人のべぎやすです。

今回は、PTAの役員決めトラブル回避に使える?「マッチング選出」、のご紹介です。

管理人は子供も居ないのでPTAなんて縁がないですが。

というか、普通にサラリーマンで働いていたらPTAの役員なんかできませんよね~

そういうのって専業主婦か時間に融通の聞く自営業じゃないと無理じゃないかと思ってますので。

それほそうとして。

PTAの役員のようにやらないと仕方がない、と言う場合にはせめてこの役職で、という感じで希望を出してそれに沿った形で誰がやるかを決めるべきだと思うんですよね。

そういうマッチングソフトもあるようですし。

ということで。

この記事では、PTAの役員決めトラブル回避に使える?「マッチング選出」、を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

「マッチング選出」でPTAの役職と会員を適切にマッチング

この「マッチング選出」を使えばPTAの役職と会員を適切にマッチングできるそうです。

具体的には以下の通り。

==ここから==

本プログラムは、マッチング理論を活用して、募集する役職と、役職を希望する会員を適切にマッチさせるためのツールです。小学校のPTA役員選出を目的に作成しましたが、その他にも様々な場面で使用できます。具体的な流れとしては、役員選出のアンケートをGoogleフォームなどで収集し、それと併せて募集する役職と人数を設定したファイルを入力情報として利用します。マッチングの条件として、希望する役職や、その他の条件(例: 過去の役員経験、WordやExcelのスキルレベル)をスコア化し、高得点者を優先的に選出します。同点の場合は、ランダム性のある選出をするために、ID(例: アンケートの回答日、学年、クラス、出席番号)などからハッシュ値を求め、そのハッシュ値の大きい人を選出します。この方式により、同じ入力情報でプログラムを実行すると、常に同一の結果が得られる特性を持っています。さらに、各役職ごとの補欠選出も可能で、補欠の人数を設定することができます。

==ここまで==

ということだそうです。

このソフトを使えばPTAの役職について会員が希望に沿った形にマッチング出来るというわけですね。

スポンサーリンク

管理人のまとめ

今回は、PTAの役員決めトラブル回避に使える?「マッチング選出」、の紹介でした。

管理人はPTAのことは分かりませんが、部活とかクラブとか会社のイベントとかも似たようなもので、世話役なんかをやりたくないのにやらされるというのが多かった記憶があります。

やる気のある人が率先して手を上げてくれればこんなにラクなことはないんですがなかなかそうも行きません。

なのでせめて希望を聞いてもらえる仕組みがあればいいのかなと。

全然参加しないのもちょっと問題ですし。

この記事が、PTAの役員決めトラブル回避に使える?「マッチング選出」、の参考になればと思います。

マッチング選出、上手く使って下さいね!

 

●興味がある方はこちらのページから内容を確認して下さい。

>>ダウンロードできるページはこちら

 

(参考)
こんな記事も読まれています。

URL画像のダウロードを一括で!「URLから画像抽出」
https://bizfrsoft.com/urlgazotyusyutu/

画像データ自動収集!高速お手軽な「ImageGeter」
https://bizfrsoft.com/imagegeter/

ウェブページ上の画像を保存!「Webイメージコレクター」
https://bizfrsoft.com/webimagecorecter/

タイトルとURLをコピーしました