エクセルセル参照情報を一覧に!「見CELL(アドイン)」

記事内に広告が含まれています。

パソコン

 

管理人のべぎやすです。

今回は、エクセルセル参照情報を一覧に!「見CELL(アドイン)」、のご紹介です。

エクセルのセルって中の値以外にもセルそのもののデータが結構重要ですよね。

セルの幅や高さはもちろんですが、それ以外でもどこを参照しているのか、参照元や参照先の情報も重要です。

特に計算式が入っている大きな表だとどこを参照しているのか、どこから参照されているのかが間違っていると結果が狂ってしまうし、下手するとややこしくて修正できない、となりますから。

そういう情報はトレースとか関数とかを使えば分かるらしいんですけどもうちょっと分かりやすく表示してほしい。

そういうソフトもあるそうなので。

ということで。

この記事では、エクセルセル参照情報を一覧に!「見CELL(アドイン)」を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

「見CELL(アドイン)」でエクセルセルの情報が簡単に確認できる

この「見CELL(アドイン)」を使えばエクセルセルの情報が簡単に確認できるそうです。

具体的には以下の通り。

==ここから==

[作成経緯]
セルはデータを記録しておくところですが、単なる「値」だけではなく、 データの整合性、操作の容易化、見栄えなどを効果的にするために、様々な情報を設定することができます。
これらの設定情報は、可視性が容易なもの(セルを選択で参照可能)、特別なダイアログを表示しないと見ることができないものがあります。
これらの設定情報は、Excel95バージョンまでは「情報ウィンドウ」という機能でサポートされていましたが、Excel97バージョン以降はサポートされなくなっています。
これらの設定情報は、ファイルのメンテナンス活動の中では、重要な情報の一つと考えられます。
特に、特定セルの「参照先」セルをたどって全部探すことは、一般機能ではかなり大変な作業です。
便利だった「情報ウィンドウ」の復刻版として、お役に立てば有難いです。

[機能]
(1)本ソフトは次のような情報を「見CELL情報」シートに一覧表示します。
・セルの上位オブジェクト
シート、ブック、パスなど
・セルのプロパティ
書式、ハイパーリンク、コメントなど
・その他
参照元、参照先、条件付書式 入力規則、ふりがな、名前、など

※参照元、参照先について
一般操作では「ワークシートの分析」という機能がありますが、この「ワークシートの分析」では、自シート内の数式主体の参照元、参照先を検索してくれます。
本ソフトの参照元、参照先表示機能は、数式以外および自シート外の情報も取得してくれるので、一般操作の拡張版としてお役に立てると思います。

(2)本ソフトには、ユーザー定義関数が搭載されています。
関数名:=fxMICELL(情報の種類,対象セル)
対象セルに設定されている情報を別のセルに表示させることができます。

==ここまで==

ということだそうです。

このソフトを使えばエクセルセルの情報が簡単に確認出来て便利そうですね。

スポンサーリンク

管理人のまとめ

今回は、エクセルセル参照情報を一覧に!「見CELL(アドイン)」、と言うお話でした。

エクセルのセルは値も重要ですがそれ自体の情報も結構重要。

特に参照元、参照先の情報は複雑になってくるとお手上げなのでソフトに頼らないと事実上無理だと思います。

そういうときにこういうソフトがあれば便利かなと思いますね。

この記事が、エクセルセル参照情報を一覧に!「見CELL(アドイン)」、の参考になればと思います。

見CELL(アドイン)、上手く使って下さいね!

 

●興味がある方はこちらのページから内容を確認して下さい。

>>ダウンロードできるページはこちら

 

(参考)
こんな記事も読まれています。

パワーポイントにデジタル時計の埋め込み!「パワポタイマー」
https://bizfrsoft.com/powerpointdigitalumekomi/

パワーポイントに時間表示!プレゼン成功「パワポタイマー」
https://bizfrsoft.com/pawapotimer/

給与計算のミスを減らしたい!「給与計算ソフト「Q太郎」」
https://bizfrsoft.com/kyuyokeisanmiss/

タイトルとURLをコピーしました