スポンサーリンク

工程表を簡単に作成!工程表作成システム「PatPro+」

販売管理

janjf93 / Pixabay

管理人のべぎやすです。

今回は、工程表を簡単に作成!工程表作成システム「PatPro+」、のご紹介です。

管理人、工程表はあんまり作ったことはありません。

そういう仕事はなかったんですよね~

いや、なかったというか出来なかったという方が正しいか。

正直、こういう工程表を作ることがデキる人はすごいなと思っています。

物事を実施する順番がキチンと把握できる能力があるわけですからね。

いきあたりばったりの自分とは違うなと。

そういう風になれたらいいんですけどね~

今回紹介する、工程表作成システム「PatPro+」、なんですけど、こういうのってソフトが有っても仕方ないんですよね。

使う人が分かってないと。

極端な話、家を建てるときに土台とは柱の前に内装をやろうとする人がいたら、それは無理、ってなるんですけど、こういうソフトはそんな判断はできません。

つまり、使う側の人が工程を分かっていないといくらきれいな工程表が出来ても意味がない。

工程表に限らず、仕事ができない人の言い訳って、「工程表のソフトが有ればもっとキレイに素早く工程表が作成できるからもっとちゃんとした仕事が出来るのに」とか言うんですよね。

そうじゃないですよね、自分が工程を把握していないからまともな工程で仕事が進まないんですよね?

じゃあ、そのソフトを与えてみたらちゃんと仕事ができるのかと言うと今度は、使い方がわからないとか、こんなの使えないとか言うわけです。

出来ない言い訳ばっかり。

自分の存在を守ることだけに一生懸命7日な、なんて思いますね、そういう人を見ると。

管理人的には、そんな人には出来るだけ近づきたくないですけどね。

それはどうでもいいんですが。

今回紹介する、工程表作成システム「PatPro+」、使うべき人が使えば効率が良くなるソフトだと思います。

そういう人には手にしてほしい。

ということで。

この記事では、工程表作成システム「PatPro+」、を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

「工程表作成システム「PatPro+」」で工程表作成を簡単に!

この、「工程表作成システム「PatPro+」」を使えば、工程表作成が簡単になるそうです。

具体的に何が出来るのかは以下の通り。

==ここから==

●簡単●
どんなに高機能でも使いこなせなければ何の意味もありません。
「何をどうするか」という自然な思考の流れで操作できるように、機能を分類して操作を一貫した手順でまとめました。
また、Windowsは他のアプリケーション経験があれば基本的な操作は直感的に手順が理解できるのも魅力です。

●奇麗●
コンピュータを使うのですから奇麗に仕上げたいのは当たり前の要求です。
正確にそして奇麗で見やすくまとまった工程表であれば、お客様への説得力が違います。
CADとワープロに加えて工程表をPatPro+で提出されれば、お客様への信頼度が一層アップします。

●早い●
操作に慣れてしまえば手書きに比べて作図が楽なことは勿論のこと、一度原稿を作図しておけば校正や加筆修正が簡単で、後日の日程変更にも即座に対応できます。
また、将来類似した業務が発生したときも、過去の工程を参考にして、手際よく再活用することができます。

==ここまで==

ということだそうです。

基本操作は直感的に出来るし、工程表は一度作れば構成や加筆修正が容易になる。

それに、過去に作成したものを手直しすることで新規のものとして対応できればイチから作るより効率的です。

スポンサーリンク

管理人のまとめ

今回は、工程表作成システム「PatPro+」、の紹介でした。

管理人は工程表を作る仕事はほとんどやっていませんし、あまり好きではありません。

だいたいそんなに長期的な取り組みがなかったんですよね。

短期決戦のような仕事の連続だったので工程表を作っている間に仕事ができてしまう感じでした。

そういうレベルの仕事だったということです。

もっと腰を据えて一歩一歩前進するような仕事だったら工程表にも意味があったんでしょうけどね。

ただ、工程表がなければまともな仕事にならない人が多くいるのは事実。

そういう人がいきあたりばったりで仕事をしていたらひどいですよね、まともな仕事になりませんから。

泥縄式にならないために、こういう物が必要です。

最初の計画がずさんだと本当に後で困りますから。

工程表作成システム「PatPro+」、うまく使って下さいね!

●興味がある方はこちらのページから内容を確認して下さい。

>>ダウンロードできるページはこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする