スポンサーリンク

中小企業用の会計ソフトが無料?それなら「経理システム」!

管理人のべぎやすです。

今回は会計ソフト、「経理システム」のご紹介です。

管理人は転職の経験があります。

最初に入った会社は大手でしたから、
経理のことなど考える必要もなかったのですが

2回目の転職先は中小企業、いわゆる同族会社で
夫婦で経営しているような会社でした。

その会社の経理は本当にいい加減で、
せいぜい家計簿の延長レベルだったですね。

昔のことなので、それほどパソコンもありませんでしたから
手書きの帳面を見ながら電卓を叩く感じでしたね。

今だったら優秀な無料ツールもありますから、
それを使えばもっと楽が出来たのにと思います。

ということでこの記事では、
「経理システム」を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

中小企業向け会計ソフト「経理システム」のメリット

さて、この「経理システム」、フリーツールではありますが、
基本機能は市販ソフトレベルだそうです。

基本機能とはいいますが、そこまで複雑な会計処理をしない中小企業の場合、
実際に使うには十分なレベルだと思われます。

もちろん、これに関してはその企業せ独自のものがありますから、
絶対大丈夫というのは言えませんが、おおむね使えるようです。

多機能なフリーソフトですが、なかでもいいなと思ったのは以下の通り。

○安心のセキュリティ
複数の会計データにボタン1つで切り替えができ、各会計データ毎にパスワードを設定。使用者毎にもパスワードと権限を付与出来ます。

○Excelにデータを貼り付けて自由自在に資料が作れます。
多くの帳票はExcelに転送可能

○多彩な伝票入力アシスト
伝票イメージでの入力はもちろん、付箋機能、科目選択画面、摘要選択画面、金額・科目・摘要の複写機能、自動仕訳機能、電卓、帳面形式での入力、そして他に例を見ない行の入替え機能があります。

○製造業にも完全対応しています。

○費用の登録と支払業務を簡単に処理できる機能があります。取引を入力すると自動で仕訳を作成できます。

それと、試用期間・使用期限は設けていませんし、
フリーソフトなのにバージョンアップするし、サポート体制があるということ。

会計ソフトの場合、法律が変わると変更が生じますから、
バージョンアップは重要ですよね。

それと不明点を確認することが出来るサポート体制があるというのは驚きです。

会計ソフトの場合、導入したのはいいものの使い方がわからない、
ということがとても多いんです。

特に多機能ソフトの場合、担当者が使えるところだけしか使わなくて、
せっかくの機能を使いこなせないことが多いです。

そういうときに不明点や疑問点を確認できるサポート体制があれば心強いですからね。

管理人のまとめ

今回は、会計ソフト「経理システム」の紹介でした。

これだけの機能を持ったものが無料で使えて、
しかもバージョンアップ、サポート体制があるというのはすごいことだと思います。

ぜひ無料の会計ソフト「経理システム」で業務の効率化を図って下さいね!

●興味がある方はこちらのダウンロードページからダウンロードをお願いします。

>>ダウンロードできるページはこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする