スポンサーリンク

節税対策を総合的に!「FITS上場株式等課税方式有利選択ツール」

税金

stevepb / Pixabay

管理人のべぎやすです。

今回は、節税対策を総合的に!「FITS上場株式等課税方式有利選択ツール」、のご紹介です。

管理人、残念ながら低所得者なので節税とか縁がありませんが。

リタイアして資産はあるという人は結構いるんですよね~

本当に大金持ちなら専門の税理士を雇って本気で節税もしているでしょうけど、そこまでではないけど無駄に税金を持っていかれるのは嫌だ、というレベルの人が多分多いのでしょう。

管理人の知っている人でも年金ぐらしなのにふるさと納税やってるとか、想像以上に余裕のある暮らしをしている人がいるものですから。

それで。

そういう節税をしないといけないんだけどなにから手を付けようかと言う人にこのソフト。

配当や利子の課税方式を本則課税か簡易課税か、どういうふうにすれは税金が安くなるかシミュレーションできるそうです。

増税のことしか言わない政府に対するちょっとした対策になるでしょうか?

ということで。

この記事では、節税対策を総合的に!「FITS上場株式等課税方式有利選択ツール」、を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

「FITS上場株式等課税方式有利選択ツール」で少しでも有利な節税を!

この「FITS上場株式等課税方式有利選択ツール」を使えば配当や利子への課税方法をどう選べばいいのかがシミュレーションできるそうです。

具体的には以下の通り。

==ここから==

※ソフトの情報は、下記ブログでも触れております。
https://aif-planning.blogspot.com/

本ソフトはExcel上で、所得税15.315%・住民税5%が源泉徴収・特別徴収された下記の所得を全て入力したうえで、申告対象の選別パターンを試行錯誤することで、所得税・住民税や所得合計額などを試算し、確定申告を行う上で有利なパターンを見極めるためのツールです。

・源泉徴収あり特定口座の譲渡所得
・上場株式等の配当所得・利子所得

上場株式等の配当所得に関しては、総合課税・申告分離課税両方のケースを試算することにより、いずれの方法をとるのが有利かを試算します。

なお、本ソフトはフリーですが、シェアウェア版のサンプルとしての位置づけもございます。

所得税と住民税の試算結果を俯瞰し、さらに総合課税と申告分離課税の試算結果を比較できるツール・システムはこれまでなかったのではないかと考えます。

またどれを申告対象とし、どこまでを申告不要とするかについても試行錯誤して試算結果を出せることも大きな特色です。

本ソフトはフリー版であり別途シェアウェア版も公開予定ですが、770円(消費税・手数料込)の寄付歓迎です。今後の機能拡張に充当する運営資金として有効活用したいと思いますので、ご支援いただければ幸いです。

※令和2年分以降の確定申告に対応

==ここまで==

ということだそうです。

特に資産がある人がこのソフトを使えば節税の助けになるみたいですね。

税金は少しでも安く抑えたいですからこういうのは大事だと思います。

スポンサーリンク

管理人のまとめ

今回は、節税対策を総合的に!「FITS上場株式等課税方式有利選択ツール」の紹介でした。

管理人は残念ながら低所得者なので節税など考えようもありませんが、そこそこの資産がある人ならこういうソフトを使って税金の払い方をシミュレーションするのは非常に意味があることだと思います。

ちょっとした手続きの変更をするだけで何万円も変わってくるならやるしかないと思いますね~

この記事が、節税対策を総合的に!「FITS上場株式等課税方式有利選択ツール」の参考になればと思います。

「FITS上場株式等課税方式有利選択ツール」、上手く使って下さいね!

●興味がある方はこちらのページから内容を確認して下さい。

>>ダウンロードできるページはこちら

(参考)
こんな記事も読まれています。

音声ファイルを編集するフリーソフト!「Sazanami」
https://bizfrsoft.com/sazanami/

法定調書のマイナンバーに対応!「非クラウドde法定調書」
https://bizfrsoft.com/hiclouddehouteityousyo/

コピペを楽にするフリーソフト!使える「クリップNOTE」
https://bizfrsoft.com/clipnote/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする