スポンサーリンク

法定調書のマイナンバーに対応!「非クラウドde法定調書」

税金

stevepb / Pixabay

管理人のべぎやすです。

今回は、法定調書のマイナンバーに対応するソフト「非クラウドde法定調書」のご紹介です。

管理人は法定調書とか言われてもピンとこないのですが。

国税庁によると、

法定調書とは、「所得税法」、「相続税法」、「租税特別措置法」及び「内国税の適正な課税の確保を図るための国外送金等に係る調書の提出等に関する法律」の規定により税務署に提出が義務づけられている資料をいいます。

ということだそうです。

現在、60種類の法定調書があるんだとか。

国税庁HP

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/hotei/7401.htm

○○の支払調書、というのが多いみたいですね。

それでこれらにマイナンバーが必要になってるそうです。

ところが。

ソフトがそれに対応していないものが多いんだとか。

まあ、それは2016年時点の話なので、2018年現在でどうなのかは不明ですが、経理ソフトの更新を怠っているとか、更新費用がかかるので見合わせているとか、そういう場合はマイナンバーの部分は手書きで対応するしかない。

それではあまりにも大変でしょうということで、作られたのがこのフリーソフト、非クラウドde法定調書。

ということで。

この記事では、法定調書のマイナンバーに対応するソフト「非クラウドde法定調書」を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

法定調書のマイナンバーに対応するソフト「非クラウドde法定調書」で作業をラクに!

この「非クラウドde法定調書」を使えば、法定調書のマイナンバー対応が楽になるそうです。

具体的に何が出来るのかは以下の通り。

==ここから==

このソフトは、2016年3月13日現在、支払調書を含む法定調書を作成する際、平成28年分以後に使用する各様式へのベンダーのシステム対応は給与所得の源泉徴収票のみであって、支払調書などは対応しておらず、仕方なく手書きにより処理を行っている企業が多いということを聞き、役立ててほしいと急きょ作成しました。

※1ファイルで、報酬・料金の支払調書、不動産使用料の支払調書、退職所得の源泉徴収票、給与所得の源泉徴収票(乙欄適用分)が、1.03からは不動産等の譲受けの対価の支払調書、不動産等のあっせん手数料の支払調書も、それぞれ20人分作成できます。

※マクロにより連続印刷・指定印刷ができます。

配布ファイルは、自己解凍ファイルです。
ダウンロードしたファイルを起動して適当なフォルダに解凍してください。
解凍後は、下記のファイルが作成されます。
※解凍(インストール)時には、テンポラリフォルダを使用しますが、Program Filesフォルダやレジストリは一切使用しません。

・非クラウドde法定調書17.xlsm
本体です。
詳しい使用説明は起動した基本情報シートに記載しています。

・delcopy.jpeg
非クラウドde法定調書16.xlsmを起動する際に必要なファイルです。

・Readme.txt
このソフトの沿革や著作権について記載しています。

・AES暗号化F.exe
非クラウドde法定調書16.xlsmをパスワード保護による暗号化ファイルにします。

・提出用法定調書合計表19.xlsx
源泉徴収票を含む法定調書を所轄税務署に提出するための合計表です。全国の税務署の所在地・電話番号・管轄区域を記しています。

サポートなどは下記のホームページから
https://shimpokikaku.wew.jp/contact/

==ここまで==

ということだそうです。

このソフトを使えば法定調書にマイナンバーを記載するのが楽になるということのようです。

この作業を手書きというのは大変だと思います。

そういう作業に追われて困っているなら、このソフトは無料ですから、とりあえずどんなソフトか使って見てもいいかなと思いますね。

スポンサーリンク

管理人のまとめ

今回は、法定調書のマイナンバーに対応するソフト「非クラウドde法定調書」の紹介でした。

管理人は法定調書と言われてもよくわからないし、マイナンバーを記載せよと言われてもやっぱりわからないんですが、こういうのを手作業でやるのは面倒だろうとは思います。

間違いも増えますし。

だから、困っているならこういうソフトは使うべきでしょう。

法定調書は60種類もあるということは、それを全部提出するわけでないにしても一人あたり数枚は手書きしないといけないわけで、それを何十人分もやるとなるとやっぱりそれなりのソフトを入れたほうが良いと思うんですよね。

実際に手書きするのも面倒ですが、間違えるとか、その後のチェックとかがさらに面倒ですから。

ぜひ、法定調書のマイナンバーに対応するソフト「非クラウドde法定調書」を有効利用して下さいね!

●興味がある方はこちらのページから内容を確認して下さい。

>>ダウンロードできるページはこちら

(参考)作成者のHP

https://shimpokikaku.wew.jp/2018/05/07/post-766/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする