スポンサーリンク

化学療法レジメンをEXCELで「ヘルプ!化学療法自動計算」

介護

eliola / Pixabay

管理人のべぎやすです。

今回は、化学療法レジメンをEXCELで作成する「ヘルプ!化学療法自動計算」、のご紹介です。

管理人は化学療法とか分かりませんが。

がんの治療なんかでは抗がん剤とか相当色々投与されるんですよね?

管理人の親戚や友人でもやってますけど。

ガンなんて見つかったらもうそういう治療をやるしかないし。

手術もやるし、放射線もやるし、化学療法もやる。

お金がある人は重粒子線とかもあるんだそうで。

もちろん、それでもだめなら民間療法とか。

断食だったり、漢方薬だったり、訳の分からない色んな方法もあるようですね。

まあ、ガンなんて言われたらそりゃ藁にもすがる思いで、いいと言われることはなんでもやるでしょう。

特に若い人は。

それはそうとして。

この化学療法、薬品の投与になるわけですから、どんなお薬をどの程度、どんなタイミングで投与するかは人による。

でも、標準的な方法は決まっている。

そういうことのようですね。

だからある程度はプログラムで出来るそうなんです。

そして病気の種類にもよりますけど、その投与方法を手作業で作成するのはとても大変なんだとか。

ならばそこはエクセルで地頭的にやってもらいましょう!

ということで。

この記事では、化学療法レジメンをEXCELで作成する「ヘルプ!化学療法自動計算」、を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

化学療法レジメンをEXCELで作成する「ヘルプ!化学療法自動計算」で効率アップ!

この「ヘルプ!化学療法自動計算」を使えば、化学療法レジメンが効率的に作成できるそうです。

具体的に何が出来るのかは以下の通り。

==ここから==

昨今の抗癌剤の開発および投与法の改良の進歩は非常に早く、「腫瘍内科」、「化学療法科」なるものを創設して化学療法のエキスパートを養成する動きがあります.ただ一人前の専門医の育成、配置には膨大な時間がかかりますが、現場では現実に今ここにいる患者様にいかに治療できるかが問われます.しかし、抗癌剤のレジメンは非常に多く、投与順、投与時間、年齢による投与量の調整、体表面積から投与量を導き出す作業、Ccrから投与量を調整する作業等非常に神経を使います.そこでこれらの作業をできるだけ自動化したプログラムをEXCELで作製してみました.消化器、呼吸器、乳腺等の癌に対応させています.EXCELにお詳しい先生は手を加えて独自のものにされてください.

==ここまで==

ということだそうです。

これを使えば、本来エキスパートでなけれあ難しい化学療法レジメンの作成が、エクセルを使うことである程度自動化出来るということですね。

自動化と言っても何もかも全部やってくれるわけではないでしょうし、最終チェックは人間がやるんでしょうけど、誰でも出来る基本的なところだけでも迅速にやってくれればお医者さんの負担が軽減されることでしょう。

こういうのは信用しすぎてもいけませんけど、うまく使って負担が減るならそれに越したことはない。

とりあえず無料ですし、試してみてもいいんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

管理人のまとめ

今回は、化学療法レジメンをEXCELで作成する「ヘルプ!化学療法自動計算」、の紹介でした。

管理人はそんな大病になったことはありませんが、親戚や友人には化学療法で治ったという人もいます。

ただ、そういう病気の人のお見舞いに行ったとき、お医者さんを見ている感じでは、もうヘトヘトなんですよね。

患者を見て、手術するとか、薬の投与とかもうあれこれやらないといけないし、休館だったら待ったなしだし。

休めていないんじゃないかと思います。

当たり前のように徹夜してたりするようですし。

そりゃ、生死に関わることをやってるわけですから、休んでいるヒマはないでしょうけど。もうちょっと万全なコンディションで診てもらわないと困るなとも思うし。

医療の現場は大変なんだと思いますね。

だからせめて、投薬のレジメンくらい楽していいのではないかなと。

エクセルで出来たちょっとしたプログラムで、負担が軽減されるなら使ってもらいたい。

ぜひ、化学療法レジメンをEXCELで作成する「ヘルプ!化学療法自動計算」、有効活用して下さいね!

●興味がある方はこちらのページから内容を確認して下さい。

>>ダウンロードできるページはこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする