スポンサーリンク

レジスターソフトで販売管理!「レジスター」なら無料で導入

管理人のべぎやすです。

今回はレジスターソフト用の無料ソフト、「レジスター」のご紹介です。

管理人はレジ打ちとかやったことないし、コミケやバザーなんかにも参加したことはありません。

ただ、こういうイベントでの販売管理って大変だろうなと思います。

個人が趣味でやっているならどんぶり勘定でいいんでしょうが、それなりに数字を合わせないといけない場合には現金で受け渡しして、それを正確に確認するのは大変なことです。

本を販売したとして、冊数と金額が合わないとか。

ありそうな話ですよね。

印刷屋さんへの支払いが後払いだったりしたら本当に販売できた金額が明確でないととても困るし。

最悪は、手伝ってくれていた人が勝手にお金を持ち出しても分からないとか。

そう言うときに、簡単なレジスターがあって、機械的に集計してくれたら便利なんだろうなと思います。

それなりの店舗ならちゃんとしたレジを導入しているでしょうけど、イベントのときだけとか、移動販売なんかの場合には据え置き型のレジを使うわけにもいかない。

じゃあどうするか?

そんなときは今回ご紹介するレジスターソフトの「レジスター」が便利だと思います。

このソフトは基本機能は無料。

パソコンだけではなく、タブレットでも使える。

エクセルが使えなくてもいいなどパソコンが苦手な人でも使えるようになっています。

ということでこの記事では、無料のレジスターソフト「レジスター」を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

レジスターソフトの「レジスター」で販売管理を簡単に

この「レジスター」を導入すればタブレットやパソコンがレジスターになるというフリーソフト。

具体的に何が出来るのかは以下の通り。

==ここから==

☆ 給与計算ができる!
他社では有料のアルバイト給与計算機能を2,000円で!
レジから出退勤もでき、給与計算から明細出力までサポート!

☆ 小学生でもできるかんたんレジ!
レジなんて10~20万円も・・・ タブレットが必要では・・・
そんな心配は無用です。
古いWindowsでも十分動くので
眠っているそのマシンが、レジに!

☆ 現場関係者がそのまま開発!
3年間ひたすらレジを打ち続けた作者が現場から得たものは
「お客さんの”できて当然”ができないと使ってもらえない」
そこで手数を合理的な数まで減らすなど、客目線の機能を搭載しました。

☆ タブレットでも操作可能!
大きめのボタンを採用!
ソフトウェアテンキーを搭載しているので画面の邪魔になりません!

☆ 感熱プリンター出力対応!
出力するレシートの幅を58mmと80mmに合わせました。

☆ バーコードリーダー対応!
打鍵操作の大幅な軽減を実現しています。

☆ 周辺機器のメーカーや接続方式、機種は自由!
Windowsが認識すれば、どのような機器でもお使い頂けます。

☆ 出力できなければレジじゃない
商品を登録して打つだけなら他にもたくさんありますが
レシートを出力し、一回ずつ履歴を残し、売上グラフも画像で保存できます。

☆ Excel不要!ネット環境不要!ユーザ登録不要!

☆ 商品登録無制限(CSV追加も可)、1秒で起動、高品質なマニュアル、お買上ポイント、権限割振、入出金、途中集金、過不足確認、返品、割込、レジマイナス機能

==ここまで==

ということだそうです。

なお、このソフトはフリーソフトなので無料で使用できますが、寄付は受け付けているのと、シェアレジでお金を支払えば法人用の機能が追加されるそうです。

管理人としては、一時的にレジを使いたい人にとても便利だと思うんですよね。

タブレットに周辺機器としてバーコードリーダー、感熱プリンター、クレジットカードリーダーなんかを使えばもう十分レジとして使えますからね。

このソフト自体は無料ですからとりあえずダウンロードしてみて、使えれば使えばいいし、使うほどでもないならまあいいか、というような気軽な感じでいいと思います。

スポンサーリンク

管理人のまとめ

今回は、レジスターソフトの「レジスター」の紹介でした。

レジスターはあったら便利ですがイベントや移動販売で据え置き型は使いにくい。

その点、「レジスター」を導入すればノートパソコンやタブレットでOKですから便利ですよね。

しかも、このソフトを使用するだけならエクセルもネット環境も不要ですから、パソコンが苦手な人でも使いやすい。

なにより無料ツールですから導入も気軽にできます。

ぜひ無料のレジスターソフト「レジスター」を有効利用して下さいね!

●興味がある方はこちらのダウンロードページからダウンロードをお願いします。
※このソフトはウインドウズ対応ソフトです。

>>ダウンロードできるページはこちら

(参考)作成者のHPはこちら

http://yam5.com/yama/software.html

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする