スポンサーリンク

給食事務の負担が軽減できる!「かんたん給食会計システム」

税金

stevepb / Pixabay

管理人のべぎやすです。

今回は、給食事務の負担を軽減する無料ソフト「かんたん給食会計システム」のご紹介です。

管理人が子供の頃は、給食費は現金払いでした。

給食費を集める日に封筒にお金を入れて学校に持っていく。

今思えば、子供にそんな現金を持たせて大丈夫なのかと思いますが、当時はそういうものでした。

給食は学校や地域で色々違うようで、中には弁当という学校もありますよね。

多くは給食センターからの配給みたいな事になってると思いますが。

このシステム、戦後すぐの食糧難のときは重要だったんでしょうけど、今の時代に必要なのか?

親が弁当を作るのが面倒だから給食がいいのか?

既存システムをなくす訳にはいかないから強制的に続けているだけじゃないのか?

管理人は色々疑問があります。

管理人は子供がいないので、どうこう言える立場ではありませんが。

それでこの給食費ですけど、今は口座振替がメインみたいですね。

これなら子供に現金を持たせるようなことをしなくていいし、何よりも集金がラクでいい。

現金だと数え間違いだったり、なかなか持ってこない子供がいたりとかなり面倒ですから。

それでも結局、家庭の事情によっては給食費が振り込まれないときもある。

この対応は本当に面倒だと思います。

本当にお金がなくて困っている人だと気の毒だし、いわゆるモンスターペアレントだったら相手したくないですし。

それで、さすがにそういう問題はシステムで解決できるわけはないんですが、会計事務の軽減を図ることは出来るはず。

それで見つかったのが、「かんたん給食会計システム」。

ということで。

この記事では、給食事務の負担を軽減する無料ソフト「かんたん給食会計システム」を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

給食事務の負担を軽減する無料ソフト「かんたん給食会計システム」で管理負担軽減!

この「かんたん給食会計システム」を使えば、給食費の管理負担が軽減できます。

具体的に何が出来るのかは以下の通り。

==ここから==

このかんたん給食会計は、学校事務員さんが日常的に行う会計事務の負担を軽減し、併せて学校給食会として会計処理の統一化を図る目的で作成しました。2006年にVer1.00を各小学校へ配布して以降、事務員さんの声をお聞きしながら地道にバージョンアップを図ってまいりました、その最新版です。

このシステムは、データ入力・出力用としてExcelファイルを、データ保存用としてAccessファイルを採用し、ExcelVBAからAccessファイルにSQLを発行して、データ連携を行う設計となっています。

【配布ファイル】
・kyushoku.zip:下記の6つのファイルで構成されています。
1.給食徴収DB1.mdb:データ保存用に使うAccessファイルです。データ連携の都合上、このファイル名は絶対に変えないでください。通年使用ができます。年度ごとに作成する必要はありません。

2.〇年生新給食費徴収表.xlsm:各児童生徒の給食費徴収額を入力するため、また給食費徴収表を出力するためのファイルです。

3.〇年生新口座引落一覧表.xlsm:給食費徴収表と同期するために使うファイルです。実食回数による徴収をなさっている(回数倍徴収)学校は必要ありません。食回数にかかわらず毎月定額を徴収している場合にその管理用として考えました。

4.新給食人員実績報告書.xlsm:給食人員実績報告書を出力するためのファイルです。

5.新汎用会計事務.xlsm:給食会計帳簿を出力するためのファイルです。会計帳簿なので年度ごとに作成する必要があります。

6.Accss最適化.exe:新給食費徴収表.xlsmから給食徴収DB1.mdbの最適化を行うための実行ファイルです。

・Readme.txt:著作権等、かんたん給食会計システムの使用上の注意を記載したファイルです。

・help.txt:導入の仕方や使い方のポイントを説明したファイルです。

・history.txt:かんたん給食会計システムのバージョンアップ履歴です。

・kyushoku.exe:総合管理メニューです。Ver.5.00からはこれが本体になります。このフォームを開いて「起動」ボタンをクリックしてスタートします。

・DotNetZip.dll:kyushokuフォルダをAES-256bitでの暗号化・ZIP圧縮・解凍を行うために必要なダイナミックリンクファイルです。絶対削除しないでください。

お問い合わせページ
https://shimpokikaku.wew.jp/contact/

==ここまで==

ということだそうです。

エクセルで入力してアクセスで管理するシステムですね。

給食費の集計に困っているなら導入する価値はあるでしょう。

スポンサーリンク

管理人のまとめ

今回は、給食事務の負担を軽減する無料ソフト「かんたん給食会計システム」の紹介でした。

今は昔ほど集金がややこしくはないと思いますが、面倒なことには変わりない。

すでにシステム的に管理できている学校はいいんですが、そうでなければこういうシステムの導入も検討すべきでしょう。

ただ、今現在、集金が上手く行かなくてシステムに頼るというのはちょっとまずくて、それは集金できない原因を潰さない限りシステムでどうにかなるものではありません。

そのあたりを勘違いされなければ良いシステムじゃないかなと思います。

ぜひ、給食事務の負担を軽減する無料ソフト「かんたん給食会計システム」を有効利用して下さいね!

●興味がある方はこちらのページから内容を確認して下さい。

>>ダウンロードできるページはこちら

(参考)
作成者のHPはこちら

https://shimpokikaku.wew.jp/product/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする